キーワード
JUNO/ジュノ | 映画鑑賞備忘録

<< パリ、恋人たちの2日間 | main | PARIS >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
JUNO/ジュノ
JUGEMテーマ:映画の感想

juno
JUNO(2007年、アメリカ)
公式サイト(英語日本語
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:エレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー 他

あらすじ:ジュノ、女子高校生・16歳、何度目かの妊娠検査薬の結果は
     やっぱり陽性だった。相手は同級生のポーリーだ。
     ともかく堕胎すると決めたジュノだが
     中絶反対を唱える友人の「胎児にはもう爪が生えている」というひと言で
     思い止まることに…。

女子高校生が妊娠、という題材はそれほど斬新ではないものの
それに向き合うジュノはそれこそ”イマドキ”の子で
その彼女が妊娠・出産を経て変化していく様がとても微笑ましい。

ジュノの決断に、「こういう選択もあるんだ」と学んだし
偏見と立ち向かうジュノの姿に好感も持った。
また、ジュノの義母の毅然とした姿にもウルッときたりして。

一方で、不妊治療をしたり子宝に恵まれなかったり
色々な人がいて本当に子供って「宝」なんだなと再認識した。

心がほっこりしていいドラマだったと思います。
個人的な感想赤りんご

養子縁組がほぼ決まってから、夫婦の夫のほう(マーク)が躊躇する部分では
なるほど、男性の方がそういう点で潔癖な部分もあるのかなと感じた。
もちろん夫婦間の関係性からも別離を決意したのだろうけれど
男性にとっての子供の存在を考えるきっかけになった。

この映画が、アメリカで高校生の妊娠を煽ったように言われているけど

単純すぎ唖然

映画の影響力というよりも、映画ひとつで人生大きく変えちゃうのって…
どうなんですかね…。
映画はフィクションだし、映画の中の話はそこで終わるけど
人生はそのまま続いていくわけで。

この映画そのものはいいドラマなのに、その余談がなんだか残念です。
学生の人たちにはともかく(苦笑)、大人の方へおススメしたい映画でした。
|米 film américain - comédie | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
|- | - | -









http://cinefolie.jugem.jp/trackback/55